オンライン講座をはじめてあらためて知ったことがある。

balilabスクールコラム

はじめたての

オンライン講座。

パワーポイントで作るのもこの内容もはじめて。

よく考えたら2年くらい前に

「生徒様が卒業後に成功するために

なにか力になれへんやろかーおもうねーん。

特に開業する人に技術以外のなにか

経営的なこととかしておくべきこととか。」

てリウムの穂口さんに相談してて

こういうのん勉強しーて

わたしにいろいろレクチャーしてくれてたんよねー。

なのに

その時は わたしはサロンのことが

毎日忙しくて  日々飛ぶようで

なにより

体を触ることを優先してた。

穂口さんから習ったことも

ホームページつくるための導線やから、ホームページを

つくる宣伝とか営業になるんちゃうかな、と

どこかで思って

ピンときてなかったんかもしれへんなぁ。

わたしはセラピストやし、体触ることが

一番やから。

経営とか苦手やしな。

ホームページとか

作るから

かいて、と言われたから宿題やからしてるけど

理念とか

ビジョンとか

自分のポリシーとかとか、、、

こんなん言葉で表現するの苦手やしな。

とかなんとかなんとか。

苦手、出来ない、わからない、

難しい。

わたしの仕事はちがう、

忙しいねん。

他のみんなができても自分はできない。

と笑って逃げてました。

だって

そういう方が楽だから。

出来ない、しない自分を正当化できるから。

今頃ほんまに本気でおもう。

あのときに

穂口さんに習ったこと、いま

生きてます。

いや、仕事に出来てるからというだけではなく、

ほんまにここが大事てこと

いま身にしみて、心から熱意をもって

講座を受けてくださった方に伝えれてる。

そしてこれが必ずその人の力になることに確信を持ってる。

伝えながら

自分はどやねん、

じゃあ私のサロンの理念は、価値観は

なんのために?

と、

このオンラインサロンの資料を作るにあたり

考えに考えた。

宿題のドリルを

何十回  書き直したか、の日々が

いま

ものすごく

自分の身についてる事に気づく。

そして

バリラボのオンラインサロンを受けてくれたひとが

「自分にこんなに向き合う時間はなかった。」

「わたしの出来ること、好きなこと、理念、信念、成功ビジョン、、、もっと見直すことができる。

この時期だからこそできる!」

そんな言葉をきいて

ほんとに

わたしもよかった、おんなじやで、ておもう。

今度の5月10日がきたら

丸14年のバリラボ ルララ

いまでも

自分がなにが出来るやろ、どんなお客様にどうなってもらいたい?

わたしの強みは?弱みは?それをリフレーミングしたらどうなる?

と考えてます。

この作業は

おそらく自分でテーブルに向かっては

出来なかったから

この機会を作ったことは

オンラインサロンを受けてくださった

生徒さんにも

もちろんだけど

私自身のいい時間になりました。

サロン休業して

家に篭るこの時間が

私にとって

オンラインという考え方。

サロンをオンライン化するきっかけになりました。

そしてそのことによって

考える時間をもらった。

そしてそれを提供する機会をもらえた。

勉強する時間ができた。

今これを教えてくれた人(経営する、オンリーワンのめにゅーづくり、

競争しないサロン作りをおしえてくれたリウムさんや、

、zoomや、パワーポイントの仕方、使い方をおしえてくれた

起業家塾の島先生、

みんなで知恵をだしあったセラピスト仲間たち)にものすごく感謝を感じることができた。

人との繋がりの尊さを感じる

そして学ばせてもらってきたことに価値をものすごく感じる。

そんな時間をもらってます。

   

こんな時間をありがたく

今は引きこもり中の自分改革に燃えてます。

したことがないことをしてみる。

苦手と思ってたことが実はしたかったことだと気づく。

自分の持ってるものが

誰かの役に立っていることを知る幸せ。

今こそ このオンライン講座が

今準備中のサロンオーナーさんの役にたつことを

心の底から信じています。

この時期に自分のこと、サロンのこと

自分の強み、サロンの基礎づくり。

私と一緒につくり、

見直しませんか?

ご予約カレンダーから都合のよい1日を選んでくださいね。

全4回講座   バリラボ  オンライン講座

長く愛さられる本気のサロン作り

おうちサロンつくりにまず必要な法則。

必要な基礎作り

リピートサロンにつながる集客、

サロンカウンセリング、接客。

オンリーワンサロンとメニューづくり

個人マンツーマンセッション相談

15000円(税込)

1回目の日にちを先に決めて

残りは相談しながらきめましょう。

お申込みはご予約カレンダーもしくは、

お問い合わせから。