ジャムゥセラピーを日本に広めたい。夢が一つ叶った日

balilabスクールコラム

日常にハーブと癒しの手当てがある暮らし。

インドネシアに1000年前から

女性から女性へ

口伝えで今まで伝わる伝統未病ケア

薬草療法をジャムゥを日本に広めたい。

バリラボの かおりです。こんばんは。

8年前に インドネシアでジャムゥに出会い

6年前に日本のサロンにジャムゥセラピーを導入した先生にご縁をいただき


以来 小さなお家サロンで

ジャムゥを

より日本人に合う仕方でセラピーに

取り入れることを 考えてきました。


3年前、

昔から日本人の体を癒してきた

日本のハーブをバリ島のハーブジャムゥに織り交ぜ

薬草学を学び、バリ島でジャムゥを学び


インドネシアのお母さんが各家にレシピを

持っているそのやり方に習って

独自のレシピを

薬草学の先生に習いながらつくりました、

オリエンタルジャムゥ®

バリが大好きな

バリニーズサロンセラピストさんをはじめ、

ハーブに興味がある

未病ケアに関心があるセラピストさんや

一般の方々にたくさんスクールや

ワークショップを通じてジャムゥの存在を個

人で発信し、お伝えしてきました。

そんなあるとき

出会わせていただいたのが


サロンでも

スクールでもいまや大事な存在の

ジャムゥ物語


フレグランスジャーナル社さんから

でている


はじめてインドネシア人が執筆されて翻訳された

ジャムゥに関する本。


今回  ご紹介から繋がり


代表取締役  上野さんとジャムゥを語る会をさせていただきました。


主催は  大阪 ブリーゼブリーゼ3階にサロンを構える 

博心堂  石田さまが(向かって左側が石田さん、右側が上野さん)主催する


セラピストプロダクション。

(セラピストを世に送り出すために活動されています。)

参加してくださったのは

バリラボの卒業生で

ジャムゥを愛するみなさまたちも含むみなさま。


知ってる顔ばかりだったから

安心して楽しい時間を過ごせました。感謝です。

セラプロ もう一人の主催のヨシさん。


ハワイアンロミロミを日本にいれた第一人者としても

活躍されてます。

薬草バイキングみたいで楽しい!

彼が言われた

そんな言葉どおり
みんなで

自分の身体に必要な薬草を選び


石臼で挽くのは楽しい時間でした。

上野さんは

数年前からお仕事をキッカケにインドネシアに何度も渡り本場のジャムゥの起源をさぐるために奮闘され


政府や王族の方ともコンタクトをとられ、


日本に正当ジャムゥを伝える約束をしてかえられたそうです。

上野さんが対談の際に言われた言葉


「ジャムゥを日本にちゃんと広めることでインドネシアに恩返しがしたい」

これこそ

わたしが一番共感できる言葉でした。

ジャムゥのことを語る時は驚くほど

イキイキします。笑


上野さんは1時間ノンストップで話しておられたので


ジャムゥ熱すごいなーー!て感動しました。w

わたしもなぜか

26歳の時はじめていった

バリ島に感動して


そこから

バリニーズを学び

サロンを開き、

毎年訪れています。(出産する前後もいきました)


それから近年では

お客様や家族や生徒様を何人も連れて訪れ


6月には バリの神様の前で式まで挙げさせていただいたほど  人生にバリ島が深く関わっています。

なぜこんなに

惹かれるのか


理由を自分で紐解くことに

つながるかもしれないので


バリ島やジャムゥとの出会い

それがお家サロンとして

いまメインメニューとなっている

これまでとこれからのこと


などを

ぼちぼち  こちらに綴っていきたいな、と思ってます。

インドネシアのジャムゥと

日本のハーブ(ハーブ販売の

かげろひさんの大和当帰や、ヨモギなど)

混ぜて作った

こちらはハーブテント用。

サロン様用につくってます。(気になる方はご連絡くださいね。)


ここにお塩をいれて入浴剤にしたりもできます。

関西を中心にこれから

ジャムゥを広める活動に頑張っていきたいと

いう

フレグランスジャーナル社の

代表取締役 上野さん。


頼もしい存在です。ついていきます!w


フレグランスジャーナル社の社長さまもその日わざわざ東京から来てくださいました。


ものすごく気さくで

ステキな方でした。


ジャムゥの入浴剤、

おうちで一人でいれよーっと、

喜んでかえられました。

この小さな一歩から
繋がりますように。

私の夢の一歩が叶った日でした。


ずーーーーーっと

おんなじことを

ジャムゥを

熱意を持って 伝えてたことを

バリの神様からの贈り物の時間でした。


感動。

感謝。


よかった。


幸せ。


そんな言葉がグルグルします。


でも

これから、だよ。w